<< 涙の乗車券 | main | Hey Jude >>

スポンサーサイト

  • 2014.04.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


サンフランシスコ

かつて本気で愛した人は
亡くなったみたいだ

求められていた180度違う
自分になる必要はもうない
背負っていた重い荷物が
ものすごい音を立てて
崩れていったのを感じた
もう悲しい涙を流すことは
無くなったのだよ。

アドバイスされたように
ありのままの自分でいよう

飾らない飾る必要もない
甘えたの寂しがりで
心の弱いコミュ障だって
いいじゃないかわーい汗


ありのままが1番
作られた偽りの存在を
演じる必要はもうないんだ

スポンサーサイト

  • 2014.04.28 Monday
  • -
  • 01:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM